今話題の高反発ファイバーとは?メリットやデメリットを徹底解説!

高反発ファイバーのサムネイル

出典:ギフト百貨のzumi

高反発ファイバーは、マットレスや枕などに使用されており、自宅で洗えるため清潔さを維持できると素材として人気があります。しかし、なかには「寝心地が悪い」「質感が自分の体に合わない」といった声もあるため、実際にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、どのような特徴がある素材なのか気になる方も多いでしょう。

そこで、高反発ファイバーとはどのような特徴がある素材なのか、メリット・デメリットについても詳しく解説します。

高反発ファイバーとは?

最近、枕の素材でとても優秀だと話題の素材をご存知でしょうか?
それが高反発ファイバーです。
特に、エア系のマットレスにはこの高反発ファイバーが使われている事が多いです。

高反発ファイバーは、ポリエチレンと呼ばれる水素と炭素で生成された繊維を編み込んで作られています。高反発ファイバーは水分を吸収する作用があり、匂いや毒性がなく、柔らかいことが特徴です。
ポリエチレンを活用して作られた繊維状の高反発ファイバーは柔軟性があり通気性も良いため、様々な商品に活用されています。

高反発ファイバーのメリット

出典:大有ストア

高反発ファイバーにはどのようなメリットがあるのか、特に注目したい3つのポイントについて紹介します。

高反発ファイバーのメリット①重さをしっかり支えられる

高反発ファイバーは反発力があるため、上からの圧力をしっかり支えられることが可能です。
例えば、マットレスや枕に使用した場合、頭や体が沈まず寝返りが打ちやすいため、腰痛、首や肩の筋肉のこりを解消するのに役立つでしょう。人間は睡眠中に数十回の寝返りを打つため、体に力を加えずに寝返りを打てることは健康を維持するためにも大切なポイントだといえるでしょう。

高反発ファイバーのメリット②通気性が良いため清潔に保てる

ファイバーのメリット

高反発ファイバーはポリエチレンで作られており、通気性が高く、ダニの発生を予防できます。ダニは湿度や温度が高い場所に生息することから、通気性が良い高反発ファイバーには発生しにくいことが特徴です。
マットレスを外に干すのは手間がかかり難しいため、素材そのものの通気性が良く、アレルゲンが発生しにくいことは大きなメリットだといえるでしょう。

>>快眠をサポートする枕はこちら

高反発ファイバーのメリット③丸洗いできる

これは高反発ファイバーにおける最大のメリットであるかもしれません。

他の素材では基本的に外に干して、日光消毒ができるレベル。
枕に限って言えば、洗えるのは基本的にカバーだけですよね。

しかし高反発ファイバーを使っている枕であれば、枕ごと丸洗いをする事ができます。

通気性が良く、乾くのも早いのでとてもありがたいですよね。
清潔感を大切にしたい方は是非チェックしてほしい素材です。

高反発ファイバーのデメリット

デメリット

高反発ファイバーにはデメリットもあるため、メリットと合わせてチェックしておきましょう。

高反発ファイバーのデメリット①カビが生えることがある

高反発ファイバーそのものは通気性が良いですが、製品によっては単体で使用すると湿度が溜まり、カビが生えることがあります。特に高反発ファイバーのマットレスについては、就寝中に汗をかいてマットレスとフローリングの床の間に湿気がたまり、カビが生えるケースが少なくありません。

すのこを敷いたり、除湿シートを使用したりすると、就寝中に汗をかいても湿気が溜まりにくくカビの発生を予防できるでしょう。すのこや除湿シートを敷かずに高反発ファイバーマットレスや枕を使用する場合には、2日に1度陰干しをしてカビの発生を予防することが大切です。

しかしこれはどの素材でも共通して言えるため、ファイバー特有のデメリットではないと言えるでしょう。

>>快眠をサポートする枕はこちら

高反発ファイバーのデメリット②全身にフィットしない

高反発ファイバーは上からの重さをしっかりと支えられることがメリットですが、マットレスや枕で身体や頭を包むようにフィットしないことが特徴です。
一定期間使用すれば少しずつ身体にフィットしますが、ふんわりとした柔らかさや全身を包むような素材ではないため、寝心地が好みではないというケースもあるでしょう。

高反発ファイバーが使用されている物はどんなものがある?

ファイバーが使用されているもの

高反発ファイバーは、マットレスや枕の素材として有名ですが、カーアイテムにも使用されています。
腰をサポートするクッションやシートクッションなど、人の身体を支えるようなアイテムに使用されることが多いです。

高反発ファイバーと高反発ウレタンの比較

高反発ファイバーと高反発ウレタンの違いは、どの程度反発力があるかどうかです。
高反発ウレタンは比較的柔らかく、全身にフィットします。しかし、マットレスや枕に使用した場合、身体が沈むため寝返りが打ちにくく、重さが一箇所に集まるため肩こりや首の筋肉の痛み、腰痛につながるケースも少なくありません。
高反発ファイバーは比較的硬く、重さをしっかりと支えるため、重さが一箇所に集中することがなく寝返りを打ちやすかったり、腰痛、首こり肩こりの原因になりにくかったりすることが特徴です。

高反発ファイバーの枕やマットレスはこんな人にオススメ

高反発ファイバーを使った枕やマットレスは、「現在使っている枕やマットレスがで寝心地が悪い」と感じている人や、仰向けで寝る人におすすめです。
現在の寝具で寝心地が悪いと感じている場合は、枕やマットレスが柔らかく寝返りを打ちにくいことが原因になっている可能性があります。寝返りが打ちやすくなると体温調整を行いやすくなるほか、同じ姿勢で寝ることによる筋肉のこりを予防して良い睡眠をとることにもつながります。
また、仰向けで寝る場合は、ある程度硬い素材のほうが背筋が伸びた状態になるため、寝心地が良いと感じるでしょう。

>>身体を整える整体枕を見る

高反発ファイバーについてのまとめ

就寝時に首や肩の痛みを感じている場合や、朝起きても疲れが取れていないと感じる場合には、身体の重さをサポートできる高反発ファイバーの枕やマットレスを使用するのがおすすめです。
肩こりや不眠など睡眠の悩みを持っている方は、全身をしっかり支えられる高反発ファイバーマットレスや、寝返りを打ちやすい高反発ファイバー枕を試してみましょう。

>>快眠をサポートする枕はこちら

タイトルとURLをコピーしました